2018/6/24 ALAニューオーリンズ大会でポスター発表

2018年6月21から26日の6日間、アメリカ・ニューオーリンズで開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会において、以下のポスター発表を行いました。(リンクをクリックすると、ポスターが見られます)

Turning a Shopping District into a Community Learning Space (商店街を街の学びの場に変える)

「まちゼミ」について調布市立図書館と川崎市立宮前図書館の事例をベースに紹介しました。まちゼミ (=街のゼミナール)とは、 決まった期間に商店街あちらこちらでお店の人が講師となり専門知識や技術、コツを伝授する講座を開催します。 それぞれの講座は少人数制で講師と参加者の距離が近いのが特徴です。 調布市と川崎市では図書館もコラボレーション。 調布市においては図書館にまちゼミのチラシがあり、講座の関連書籍を展示 、お店では関連書籍リストを配布しているそうです。

ALA年次大会の報告およびポスター発表の様子は、以下のカレントアウエアネスでも報告されています。

E2054 – 2018年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>

2018/10/30 第20回図書館総合展でフォーラムを開催!!

2018年10月30日から11月1日の3日間、パシフィコ横浜で開催された第20回図書館総合展で、「アメリカの公共図書館最前線」と題するフォーラムを開催し、以下の発表を行ないました。

「ビジネス支援図書館推進協議会について」竹内利明(ビジネス支援図書館推進協議会会長)
「ALAおよびその年次大会について」田村俊作(慶応大学名誉教授)
「アメリカの公共図書館最新動向」豊田恭子(ビジネス支援図書館推進協議会副理事長)
「2019年ALA年次大会ジャパンセッション内容予告」越塚美加(学習院女子大学教授)
「来年のALAおよびアメリカ図書館ツアー案内」増井尊久(丸善雄松堂)

定員を超えるみなさまにご参加いただきました。ありがとうございます。

2017/6/25 ALAシカゴ大会でポスター発表を行ないました

2017年6月22日から27日の6日間、アメリカ・シカゴで開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会において、以下3件のポスター発表を行ないました。
(リンクをクリックすると、それぞれのポスターが見られます)

日本のビジネス支援図書館協議会の活動について

鳥取県立図書館のマンガを用いたプロモーション活動

小山市立中央図書館の農業支援活動

ALAのシカゴ年次大会の参加者総数は2万2700人、全米だけでなく、世界60か国から図書館関係者が集まりました。

ポスター発表は373件の応募から144件が選ばれました。24日(土)-25日(日)の2日間にわたって90分ずつ時間が割り当てられ、海外からの発表は、25日(日)の午前中(10:30-12:00)でした。日本からの3件を含め、合計25件がポスター発表を行ないました。

ALA年次大会の報告およびポスター発表の様子は、以下のカレントアウエアネスで報告されています。
E1945 – 2017年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1945

鳥取県立図書館のポスター発表の様子および、その後鳥取県立図書館で開催された報告展示の様子は、同館ホームページで報告されています。
http://www.library.pref.tottori.jp/info/post-32.html

小山中央図書館のポスター発表の様子は、同館ホームページで報告されています。
https://library.city.oyama.tochigi.jp/news/ala.html

また小山中央図書館で11月23日に開催された、農業支援サービス10周年記念シンポジウムでも、ALAでの発表報告がなされました。
https://library.city.oyama.tochigi.jp/event/post-31.html

2017/11/7-9 図書館総合展に展示ブースを出しました

 2017年11月7日から9日の3日間、パシフィコ横浜で開催された第19回図書館総合展に展示ブースを出しました。

ブースでは、アメリカ・シカゴで開催されたALA年次大会で発表したポスターの縮小版や、年次大会の様子などを掲載しました。

またビジネス支援図書館協議会が行っている「ビジネス・ライブラリアン講習会」のテキストブックや、その他のチラシも展示しました。