ALA大会で日本の事例を発表しました!

2019年6月20日から米国ワシントンD.C.で5日間にわたって開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会で、日本の図書館事例の発表が行われました。

この事業は、ビジネス支援図書館協議会(BL協議会)のグローバルグループのメンバーが中心になって実現したもので、BL協議会は本事業に対し、100万円を拠出しています。

ALAの年次大会は、世界50か国から2万人を集める、世界最大級の図書館関係イベントで、ジャパンセッションは6月22日(土)午後2時半(現地時間)から行われました。

120人の会場に30-50人の立ち見(床に座り込みも!)が出る大盛況でした。

発表は、以下のような内容で行われました【タイトルをクリックすると、当日、使用されたパワーポイントのスライド(一部修正)が見られます】

テーマ:革新的なアイディアで図書館を変革する!よりよい地域づくりに貢献する日本の公共図書館活動

【発表1:イノベーションは日本の公共図書館をどのように変えてきたか】
田村俊作(慶応大学名誉教授/ビジネス支援図書館推進協議会理事)

人口減少や高齢化が日本の社会問題となっていること、そのうえで図書館が予算削減や人員カットに直面していること、でもその中で、図書館員たちが知恵と工夫をこらした革新的取り組みを行なっていることを紹介しました。ウィキペディアタウン、タヌキの出現地図作り、ビブリオバトルなど、日本のユニークな取り組みに、会場からは笑い声も。「日本の図書館の概要を伝える素晴らしいイントロダクション」というフィードバックをいただきました。

 熱心に聞き入る聴衆

【発表2:小さな町の図書館が地域のハブになるまで】
手塚美希(岩手県 紫波町図書館)

町の紹介ビデオや美しい写真を使いながら、紫波町図書館が取り組んできた、町の人を巻き込んだ展示の展開、農村へのアウトリーチ活動などを紹介しました。人と情報・人と人を繋ぎながら、町のハブとなる司書の役割を示しました。アンケートでは「農村地帯で働いている同僚に、このスライドを見せます!」「展示で町の人を紹介していくアイディアが楽しくてグレイト!」「図書館が伝統的枠踏みを超越し、社会的経済的豊かさを産み出す触媒になっていることに感銘」といった反応が聞かれました。

【発表3:超高齢化社会の認知症にやさしい図書館づくり】
松田啓代(鳥取県立図書館)

老人人口比率日本一の鳥取県で、図書館が取り組んできた医療健康サービス、特に「認知症にやさしい図書館づくり」について紹介しました。「音読教室」には多くの反応があり、自分の図書館でもやってみたい、という声が多数、寄せられました。医療団体との提携や闘病記文庫などは、アメリカでも取り組みが広がっていますが、「高齢化先進国」日本での図書館事例に、先進国はみなこれから日本の後を追っていくことになる、貴館の取り組みを参考にしたい、と高い評価が寄せられました。

【発表4:将来の街のリーダーを育てるビジネス支援活動】
土井しのぶ(広島市立中央図書館)

広島市立中央図書館のビジネス支援サービスによって、町に数々のビジネスが生まれていること、また高校生のビジネスプラン作成を支援し、全国グランプリで賞を受けたことなどを紹介しました。「こんなサービスを受けられる利用者は幸せ」「図書館が地域に何ができるかを示した」などの称賛の声をいただきました。日本のビジネス支援サービスは、アメリカの図書館をモデルとしてBL協議会が1999年に立ち上げたものですが、日本で行なわれている活動が、いつの間にか“本家”をしのぐレベルに達していたという事実に、私たち自身も驚きました。

ちなみに今回の発表者3名はいずれも、「ビジネスライブラリアン(BL)講習会」の卒業生です(田村先生はBL協議会の理事で、BL講習会の講師を務めています)。卒業生たちは、講習会で学んだことを生かし、いずれも日本の各地で活躍中です。それは街づくりだったり、医療・健康サービスだったりと、必ずしも「ビジネス支援」には限定されません。しかし、図書館界で、こうした優秀な人材が数多く育ってきていることを、非常に喜ばしく感じ、BL協議会が、その一端を担えたことを、心から誇りに感じています。

ジャパンセッションの詳しい内容は、11月12日、横浜パシフィコで開催される図書館総合展で報告されます。

2018/6/24 ALAニューオーリンズ大会でポスター発表

2018年6月21から26日の6日間、アメリカ・ニューオーリンズで開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会において、以下のポスター発表を行いました。(リンクをクリックすると、ポスターが見られます)

Turning a Shopping District into a Community Learning Space (商店街を街の学びの場に変える)

「まちゼミ」について調布市立図書館と川崎市立宮前図書館の事例をベースに紹介しました。まちゼミ (=街のゼミナール)とは、 決まった期間に商店街あちらこちらでお店の人が講師となり専門知識や技術、コツを伝授する講座を開催します。 それぞれの講座は少人数制で講師と参加者の距離が近いのが特徴です。 調布市と川崎市では図書館もコラボレーション。 調布市においては図書館にまちゼミのチラシがあり、講座の関連書籍を展示 、お店では関連書籍リストを配布しているそうです。

ALA年次大会の報告およびポスター発表の様子は、以下のカレントアウエアネスでも報告されています。

E2054 – 2018年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>

2018/10/30 第20回図書館総合展でフォーラムを開催!!

2018年10月30日から11月1日の3日間、パシフィコ横浜で開催された第20回図書館総合展で、「アメリカの公共図書館最前線」と題するフォーラムを開催し、以下の発表を行ないました。

「ビジネス支援図書館推進協議会について」竹内利明(ビジネス支援図書館推進協議会会長)
「ALAおよびその年次大会について」田村俊作(慶応大学名誉教授)
「アメリカの公共図書館最新動向」豊田恭子(ビジネス支援図書館推進協議会副理事長)
「2019年ALA年次大会ジャパンセッション内容予告」越塚美加(学習院女子大学教授)
「来年のALAおよびアメリカ図書館ツアー案内」増井尊久(丸善雄松堂)

定員を超えるみなさまにご参加いただきました。ありがとうございます。

2017/6/25 ALAシカゴ大会でポスター発表を行ないました

2017年6月22日から27日の6日間、アメリカ・シカゴで開催されたアメリカ図書館協会(ALA)の年次大会において、以下3件のポスター発表を行ないました。
(リンクをクリックすると、それぞれのポスターが見られます)

日本のビジネス支援図書館協議会の活動について

鳥取県立図書館のマンガを用いたプロモーション活動

小山市立中央図書館の農業支援活動

ALAのシカゴ年次大会の参加者総数は2万2700人、全米だけでなく、世界60か国から図書館関係者が集まりました。

ポスター発表は373件の応募から144件が選ばれました。24日(土)-25日(日)の2日間にわたって90分ずつ時間が割り当てられ、海外からの発表は、25日(日)の午前中(10:30-12:00)でした。日本からの3件を含め、合計25件がポスター発表を行ないました。

ALA年次大会の報告およびポスター発表の様子は、以下のカレントアウエアネスで報告されています。
E1945 – 2017年米国図書館協会(ALA)年次大会<報告>
http://current.ndl.go.jp/e1945

鳥取県立図書館のポスター発表の様子および、その後鳥取県立図書館で開催された報告展示の様子は、同館ホームページで報告されています。
http://www.library.pref.tottori.jp/info/post-32.html

小山中央図書館のポスター発表の様子は、同館ホームページで報告されています。
https://library.city.oyama.tochigi.jp/news/ala.html

また小山中央図書館で11月23日に開催された、農業支援サービス10周年記念シンポジウムでも、ALAでの発表報告がなされました。
https://library.city.oyama.tochigi.jp/event/post-31.html

2017/11/7-9 図書館総合展に展示ブースを出しました

2017年11月7日から9日の3日間、パシフィコ横浜で開催された第19回図書館総合展に展示ブースを出しました。

ブースでは、アメリカ・シカゴで開催されたALA年次大会で発表したポスターの縮小版や、年次大会の様子などを掲載しました。

またビジネス支援図書館協議会が行っている「ビジネス・ライブラリアン講習会」のテキストブックや、その他のチラシも展示しました。